A-2を着こなす

にはまだ早いと20代の頃は思っていました。

しかし、そろそろ良いのでは?

と最近思っているので、当店のA-2の取り扱いが多くなっているのは自分のせいです!

 

色々検討した結果¡¡このA-2にしようと思います¡¡

 

TYPE A-2 ROUGH WEAR 23380 ¥205200

f:id:RecipesofGod:20150802161141j:plain

f:id:RecipesofGod:20150802161144j:plain

f:id:RecipesofGod:20150802161147j:plain

A-2の契約回数でエアロレザーの6回についで5回の契約に成功したラフウエア社の3番目のモデル。23380は省略箇所もなく、熟練工によって生産されたホースハイドのモデルであり、ラフウエア社を代表するモデルである。
■マテリアル/ポーランド産ホースハイド:タンニン鞣し ピグメントフィニッシュ
■ライニング/コットン100%
■ジッパー/タロン40'sベル型ニッケルメッキ
■カラー/シールブラウン

 

色々悩んだのですが、やはりラフウエアが良いかなと…

実はまだこっちと悩んでいるのですが…

 

TYPE A-2 J.A.DUBOW ¥194400

f:id:RecipesofGod:20150802161426j:plain

f:id:RecipesofGod:20150802161431j:plain

f:id:RecipesofGod:20150802161434j:plain

f:id:RecipesofGod:20150802161436j:plain

 

ロングポイントの衿が美しいことで有名なコントラクターがJ.A.ドュボウだ。ドュボウはフライトジャケットのみならず、グローブやコットンのジャケット 類も生産していた。27798はドュボウにとって4回のA-2の生産のうちの3回目。また、この契約分にだけゴートスキンも確認できる。
■マテリアル/ポーランド産ホースハイド:タンニン鞣し ピグメントフィニッシュ
■ライニング/コットン100%
■ジッパー/タロン40'sベル型
■カラー/ダークシールブラウン

 

着心地はこちらの方が好きなのですが…

形はラフウエアの方が好きでして…

そんな悩んでいる時間も好きなのですが、気が付いたら自分のサイズが店頭から消えているという事になる前に、決めねばと思うのですが¡¡

自分的にライダースばかり色々着ていたので、どうにも見慣れないので踏ん切りがつかないのです¡¡

 

まぁ仕事をしなさいという事で、ちょっと試着して来ます。